悪徳な訪問販売業者にご用心

オートロックでもカメラ付きインターホンもない賃貸物件で生息しておりましたが、専業主婦時代はやたら訪問販売が多かった記憶があります。明かりがついているので居留守をするのも気が引け、断る自信もあるのでそこそこ対応しておりました。

訪問販売=悪徳業者までとはいきませんが、それに近いイメージがありますよね。特に訪問販売のリフォーム業者はトラブルが多く、社会問題にもなりました。つい話を聞いてしまったのが故に断りきれず、契約してしまった・・・。

後悔しているなら、クーリングオフしましょう。

相手業者訪問販売や電話勧誘等法律で規定された取引で消費者と契約した時は、必ず法で定められた契約書面を渡さなければなりません。クーリングオフは契約書面を受け取った日を含めて8日以内に、書面にて申し出れば、申し込みの撤回・契約の解除ができるというものです。送付の際は、配達記録郵便では相手の受領の記録にはならないので、簡易書留がお勧めです。


NiwaNaviImage

契約書面に「重要事項」が記載されていなかったり、業者から書面を受け取っていない場合は、クーリングオフの起算日は進行しませんので、8日以上過ぎていても有効です。また、クーリングオフできない契約だと嘘をついたり、脅迫してきた場合も可能です。なお、クレジット契約している場合は、信販会社にも通知しなければなりません。
店舗に出向いて契約した場合は、クーリングオフできませんのでご注意下さい。一度契約したものを取り消すには、かなりのエネルギーを費やしますね。



リフォーム業者に関わらず、訪問販売の契約者の多くは「いい人そうだから」「この人だから安心して任せられる」と最終的には営業マンの人柄で決めます。訪問販売に限らず、愛想の悪い店には行かなくなるのと一緒でつい話を聞いてしまうのは仕方のないことかもしれません。まずは即決せずに誰かに相談しましょう。

警戒すべき営業マンのパターン
・不安をあおる
・「キャンペーン中」、「あなただけ特別に」、「割引します」、「足場無料」
・見積書を渡さない、内訳書が大雑把
・「工事金額を他の人には言わないで」とお願いする
・「即決」を迫る


投稿者:remodel
 
 

施工事例

お客様の声

おすすめ商品

リ・モデルのブログ

お役立ち情報

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

リ・モデルの
お役立ち情報