スマホ認知症

近年、「物忘れ外来を訪れる患者の若年化がどんどん進んでいる」とのニュースがありました。
認知症を専門とするクリニックでは、患者の30%が40代~50代、10%が20代~30代と認知症にならないような世代の受診がここ数年は増えているそうです。
「スマホ依存症」にならないように気をつけようどころではないですね。インターネットもそうですが、現代は情報にあふれ、脳はキャパシティーを超えると過労状態になるそうです。そのため、物忘れが激しくなったり、感情のコントロールが効かなくなったりして、長引くとうつ病になる危険な兆候です。

まだ救いようがあるのは、スマホ認知症は生活習慣を変えれば改善するという点です。
必要なのは“ぼんやりタイム”。集中して何かをした後にぼんやりする時間が脳には必要なのだそうです。
移動中、食事中、休日、就寝前、スマホと一緒に過ごしていたこの時間をぼんやりする時間に切り替え、スマホ認知症と無縁の生活を心がけましょう。

たまの休日にしか電車に乗りませんが、スマホをながいじっていると人のぼーっとしていると周りから、あのひと大丈夫かしら?と思われるかもしれませんが・・・
 

施工事例

お客様の声

おすすめ商品

リ・モデルのブログ

お役立ち情報

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

リ・モデルの
お役立ち情報