ステンレスシンクの白い汚れ

シンクの掃除をしているつもりなのに、いつのまにか白くくすんで気になる・・・。白いくすみの正体は、せっけんカスと水垢です。せっけんカスは洗剤が水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分と結びついて、水に溶けない金属石けんと呼ばれる物質に変わったものです。ずっと放っておくとシンクにこびりついてしまい、掃除するのが非常に難しくなってしまいます。汚れが目立ってひどくなる前に、お掃除をしましょう。


せっけんカスを落とすには、重曹

シンクを軽く濡らしてから重曹を振りかけて、スポンジで軽く擦って石けん滓を落としましょう。弱アルカリ性の重曹は酸性の金属石けんを中和し、重曹の細かい粒子が表面から汚れを浮かせてこすり落としてくれます。

それでも落ちないときは
①シンクを軽く濡らします。

②排水口に蓋をして重曹大さじ2杯をシンクに入れ、次に沸かしたお湯を500mlをシンクに入れて、重曹を溶かします。

③そのままお湯が冷めるまで放置して、充分冷えたらゴム手袋をつけて、重曹水をつけながらシンクを軽く擦って洗います。

④最後に排水口の蓋を取って重曹水を排水口に流し込み、パイプの汚れをとります。

⑤重曹は乾くと白く残るので、シンクを水で十分すすぎ、乾いたクロスで乾拭きをします。



水垢にはクエン酸

重曹を使っても落ちない白い汚れは水垢です。水垢は水道水に含まれるカルシウムなどのミネラル分が乾燥し、シンクの表面に癒着してできる頑固な汚れで、水そのものの汚れともいえます。水垢はアルカリ性の汚れなので、アルカリ性の重曹では落ちません。
重曹で掃除をしてもシンクに白い汚れが残る場合には、クエン酸を水に溶いてスプレーを作り、汚れに吹きかけて落としましょう。クエン酸は金属系のミネラル分を溶かす効果が高いので、水垢が溶けてキレイに洗いあがります。頑固な水垢の場合は、汚れにキッチンペーパーをクエン酸スプレーで張り付けて、クエン酸パックをしてしばらく置いてから軽く擦り落としましょう。



クエン酸スプレーの作り方
クエン酸小さじ2分の1を、約10mlの水で溶かします。それをスプレーのボトルに入れて出来上がりです。
 

施工事例

お客様の声

おすすめ商品

リ・モデルのブログ

お役立ち情報

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

リ・モデルの
お役立ち情報