台風一過で雨樋点検 雨樋の一般寿命は20年


今年も台風が全国各地に猛威を振るいました。台風が過ぎ去った後はゴミや落葉が側溝に溜まっているのに気づきます。
道路だけではなく、自宅の樋も詰まっている可能性があります。これから紅葉が美しい季節となりますが、枯葉の季節でもあります。
長年放っておかれているなら、一度点検しましょう。

負担が大きく劣化しやすい雨樋

外壁にむき出しで設置されている雨樋は、常に雨、風、紫外線にさらされながら屋根から流れ落ちる雨水を受け止めています。
負担が大きい分だけ傷みやすく、劣化しやすい場所なのです。
割れや変形、枯葉の詰まりを放置すると、雨水が正しい水路を伝って地面に流れなくなり、雨漏りや建物そのものの傷みにつながることに。
まずはできるところからチェック・確認してみましょう。


・樋の継ぎ目が外れていないか。
・変形・破損はないか。
・金具が外れていないか。
・雨樋が変色していないか。
・樋にゴミや落ち葉が詰まっていないか。
・雨が降った時に水漏れしていないか。



2階部分など高所での確認は危険です。専門業者又は弊社にご相談下さい。

早めの対処で建物を守る

変形や割れ、傾きなど、おかしなところをみつけたら工務店など専門店に相談し、必要であれば早めに修理をしておきましょう。
また、雨樋は一般的に約20年が寿命といわれています。
古い雨樋なら見た目にあまり問題がなくても一度見てもらった方が安心です。劣化がひどい場合は、雨樋の全体交換したほうが良いケースもあります。
雨樋から雨水が漏れていると、外壁だけでなく建物の土台を傷める原因に。早めの対策で住まいを守りましょう。


NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage

通常、頻繁に竪樋の掃除をしなくても、雨どいとの接合部分にある網によって、ある程度の落ち葉はせき止めてくれます。
しかし、落葉樹が多い場所にお住まいの場合、雨どい、竪樋の詰まりにとても悩まれている方も多いと思います。
雨どいの掃除が追いつかないほどの時は、落ち葉が竪樋に入り込まないようにする落ち葉詰まり防止装置も販売されているので、検討してみるのもいいかもしれません。

雨樋のメンテナンスと同時に屋根のチェックを

雨樋の点検と同時に屋根のチェックをおすすめします。通常、なかなか見ることのすくない雨どいや屋根ですが、せっかく雨どいで高所のチェックをしたのであれば、屋根も同時に見てみてください。
塗装の色が褪せていたり、つなぎ目が浮いているように感じる箇所はありませんか?
塗装の色あせは、外見だけの問題ではなく、屋根の防水性が薄れている証拠です。
屋根塗装にはどうしても経年劣化があり、放っておくと、雨漏りの被害や、柱の腐食につながり、家の寿命を縮めてしまいます。
雨といも屋根も、定期的にチェックして適切なメンテナンスをし、大切な我が家をキレイに長持ちさせましょう。
 

施工事例

お客様の声

おすすめ商品

リ・モデルのブログ

お役立ち情報

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

リ・モデルの
お役立ち情報