洗面台デザインで選ぶか機能で選ぶか

水回りのリフォームで後回しになりがちな洗面化粧台。浴室のリフォームに合わせて交換されることが多いですが、デザイン重視で選んだ結果、失敗談が意外と多いようです。

・丸いボウルを選んだが、底がフラットなものにすればよかった。花瓶に水をためるときなど、ボウル内に一時的にも置けない。
・デザイン重視でスクエア型の浅い洗面ボウルを選んだが、水がボウルの外に飛びはねやすくて掃除が大変。
・水栓金具はデザインしか考えず、蛇口部分が短いものを選んで失敗。手を洗うとき、ボウルの奥の壁に指先が当たる。
・洗面化粧台の下に収納を作らず、オープンにしたけれど、結局バケツや雑巾といったものを置くしかなく、見た目が残念なことに。
・三面鏡の裏が収納タイプで奥行きが浅いものを選んで失敗。小さなものしか入らない。


洗面化粧台の収納には、シャンプーやコンデショナーのストック品や洗濯洗剤に柔軟剤、掃除用洗剤と掃除用具など、意外と小物類が多くなります。収納にはしっかりスペースを確保したいですね。
 

施工事例

お客様の声

おすすめ商品

リ・モデルのブログ

お役立ち情報

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

リ・モデルの
お役立ち情報