植物と住まいの話

広葉樹や常緑樹を植えて四季を楽しみながら目隠し、風よけ、日よけなどのコントロールをしてみませんか?


庭に何を植えて楽しんでいますか?最近ではガーデニング人気も定着して、いろいろな植物を楽しむ人が増えてきましたが、日本在来の広葉樹(落葉樹)もぜひ見直してほしいものです。
例えば、一般的に家の周辺には、ヤマボウシ、シャラ、カエデ、コナラ、エゴノキなどの広葉樹が植えられていますが、これは目隠し、風よけ、日よけなどを目的に、実用性を重視してよく使われる建築的手法のひとつです。


NiwaNaviImage
ヤマボウシ
NiwaNaviImage
シャラ
NiwaNaviImage
エゴノキ
広葉樹は冬の間葉を落とすので、部屋の奥まで暖かい日差しが届き、夏は葉を茂らせることで木陰をつくって強い日差しを遮り、春や秋には木漏れ日の柔らかい光が部屋の中にも入ってきます。秋から冬にかけての落ち葉掃除が大変と感じる方もいますが、広葉樹が植えてあるだけで初春の息吹、初夏の若葉、晩秋の紅葉など、四季の移り変わる様子も楽しめます。

もし、スペースが許せば広葉樹だけでなく、コニファーなどの常緑樹も植えてみることをお勧めします。
常緑樹のよさは一年中青々と葉を茂らせ、常に生き生きとした変わらぬ眺めをつくりだしてくれること、葉が落ちずに手間がかからないこと、また風よけとしても優れています。よくビル風といわれる高層建築物でまきおこる強風とまではいいませんが、低層住宅でも建物の角部分では風が強くなります。ここに高、中、低木の常緑樹などがあれば、冬場など風をやわらげる役目をしてくれますし、反対に風のとおりが悪い場所に植えて風通しをよくすることもできます。


NiwaNaviImage
コニファー
 

施工事例

お客様の声

おすすめ商品

リ・モデルのブログ

お役立ち情報

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

リ・モデルの
お役立ち情報