タンクレストイレで広々快適な空間へ

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

洗浄の水を溜めておくタンクがないタンクレストイレ。同じ広さのトイレでも、タンクがない分、空間を広く使えます。

NiwaNaviImage

タンクがない分、スペースが広がる
タンクレストイレは、その名の通り水を溜めておくタンクがありません。タンクがない分、便器の位置が10cm程奥になるので、手前のスペースが狭いと感じていたら、タンクレストイレへ交換するだけで、スペースを広げることができます。
また、便器のフォルムがすっきりとしているタンクレストイレなら、トイレがスタイリッシュな印象になるでしょう。



お手入れの負担も軽減できる
タンク式のトイレのタンクの下は、手が届きにくく掃除が大変です。便器の後ろまで手を伸ばす姿勢は体に負担がかかります。その点、タンクレストイレは、便器の奥に空間がないので、床の拭き掃除が楽になります。
タンクと便器の間などの汚れやすいと所もなく、便器自体の形の凹凸も少ないため、お手入れもしやすくなります。



手洗い場と水圧の確認を
タンクレストイレに交換するには注意したい点もあります。タンクレスといれには手を洗う場所がついていないため、別に手洗い器を設置する必要があります。トイレの中に設置できるコンパクトな手洗い器もあるので心配いりません。タンクの上の手洗い器より使いやすくなるというケースも多いです。
また、水道直結式のため、水圧が足りないと設置出来ないことがあるので、設置条件の確認を忘れないようにしましょう。



停電時に使えないことも
タンクレストイレは、電気を使って水を流す仕組みになっています。
手動レバーや電池式操作など、各機種によって停電時に水を流すための対策はされているので、断水にならない限り使用することは可能です。
ただし基本的に、停電時にはバケツなどに水を溜めて流さなくてはならないので、タンク付きのトイレに比べると不便に感じるでしょう。

ウォシュレット部分の交換ができない
タンクレストイレは、ウォシュレットが一体型のデザインです。
新型のウォシュレットが出ても、ウォシュレット部分だけを交換できないという欠点もあります。
温水便座部分だけが故障したとき、便座だけをすぐに購入して交換することが難しく、メーカーメンテナンスへ修理依頼しなくてはなりません。



なんだかんだデメリットがあっても、やはりデザインにこだわりのある方がタンクレストイレを入れることが多いようです。見た目すっきりですと、憩いの場として快適ですからね。


  
ClipboardImage
Panasonic/アラウーノ
曲線的なデザインが印象的なタンクレストイレです。
インテリアに合わせてトイレのフタの色を変えれるようになっています。
 

施工事例

お客様の声

おすすめ商品

リ・モデルのブログ

お役立ち情報

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

リ・モデルの
お役立ち情報