ありそうでなかった 雨戸後付電動窓シャッター

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

防犯意識が高まっているせいか、既存の窓にシャッターや雨戸を後付けするリフォームの需要が増えています。施工も最短で1時間程でできますので簡単です。


NiwaNaviImage



NiwaNaviImage
入隅やサッシ下部や上部に取り付けスペースが少ない場合など、様々な納め方がありますのでご相談下さい。
なお、現在では手動シャッターから電動シャッターにすることが可能になっています。電動化=総取替えというイメージがありますが、総取替えするより3分の1の費用で取り付けられるようになっています。


しかし、もともと雨戸はあるけれど、古くなって動きが鈍い、毎日開閉するのが大変、閉めっぱなしだと留守をアピールしているようなもので防犯の逆効果になるなど、不便さが増すようでしたら、タイマー付きの電動式のシャッターにリフォームしてみてはいかがでしょうか。
これまで既存の雨戸からシャッターを後付けするには、雨戸を納める戸袋が弊害でした。戸袋を撤去すると外壁下地がでてしまうので、リフォームする場合はこの外壁下地を仕上げてからの施工で、工期も工費もかさみます。



NiwaNaviImage

文化シャッターの「タテヨコ」は戸袋の解体や外壁の修理が必要ないので、工期も予算もずっと抑えられます。

NiwaNaviImage
窓シャッター用ワイヤレスタイマースイッチ
全国8地域ごとに日昇、日没時間を毎月自動で切り替え開閉操作を制御できます。
 

施工事例

お客様の声

おすすめ商品

リ・モデルのブログ

お役立ち情報

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

リ・モデルの
お役立ち情報