使いやすいキッチンの配置のポイント

無駄のない動線を考えレイアウト
キッチンのレイアウトとは、通常はシンク、調理台、コンロの配列をいいます。
I型、L型が最も多く、他にU型、Ⅱ型、部屋の中央に独立させるアイランド型などがあります。冷蔵庫、調理家電、食器棚などとの動線を考慮して計画しましょう。また、これらの扉が開く向きも、動線に影響するので注意します。
NiwaNaviImage
I型
○シンプルなので比較的安い。
○部屋に向けて設置することで対面型にできる。
NiwaNaviImage
L型
○作業スペースがL字
○シンクとコンロの動線が良い
○コーナー下の収納に工夫が必要
NiwaNaviImage
Ⅱ型
○シンクとコンロが分離
○作業中に振り向く回数が多くなる
NiwaNaviImage
アイランド型
○どこも壁に接していない
○スタイリッシュだがキッチンが丸見え
 
 キッチンには、シンクとコンロの間に調理スペースがあります。まな板を置くほか、ボウルや食材などが置ける余裕が必要です。洗ったものを切って、鍋に入れ、火にかけるなど、調理をする人が1人の場合、スペースは60cm~90cmが適当とされています。これ以上広がると、シンクとコンロが離れすぎて使いにくく、作業効率が落ちます。
 また、調理や片付けに関わる配膳台、冷蔵庫、調理家電、食器棚、ゴミ箱などの距離も軽視できません。狭ければ動きがとれず、広すぎても効率が悪く疲れてしまいます。いずれも数歩で移動できる配置にすることがポイントです。
 広さや余裕がある場合は、買い置きの食料や雑貨の収納スペースにしましょう。


NiwaNaviImage
 

施工事例

お客様の声

おすすめ商品

リ・モデルのブログ

お役立ち情報

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

リ・モデルの
お役立ち情報