足元までたっぷり収納できるキッチン

従来のキッチンは、けこみ部分がデッドスペースになっていました。けこみ部分を収納スペースとして活用させることで、キッチンの限られた空間でも収納力がアップします。


大きなデッドスペースの”けこみ部分”
 キッチンキャビネットの足元部分が少し奥まっていることにお気づきですか?キッチンに立つときに、つま先部分が当たらないように設計されているためで、この部分をけこみといいます。
 従来のキッチンでは、けこみ部分はデッドスペースになっていました。今では、けこみ部分を収納スペースとして活用したキッチンが登場しています。




NiwaNaviImage
収納力の大幅アップがうれしい
 足元まで引き出せる収納になっていれば、けこみ部分も収納として活用されているということ。収納力がその分アップします。
 けこみ部分を浅い引き出しにしたタイプは、収納できるもののサイズは限られますが、ごみ袋やラップ類、缶詰などのストックにはちょうど良い大きさです。
 デッドスペースを収納にすることで深さのある引き出しを作ったキッチンもあります。深めの引き出しならば、高さのある鍋などの収納も可能です。



低い位置の収納を上手に使いこなす

 足元の低い位置にある引き出しは、重たいものも収納しやすく、便利です。但し、腰をかがめて出し入れすることになるので、毎日使うものよりも、ストック品や使用頻度の少ないものの収納に適しています。缶詰や洗剤などの買
い置きにぴったりですし、ホットプレートやカセットコンロ、土鍋などしまっておくスペースにもなります。                ㈱リフォーム産業新聞社より


 

施工事例

お客様の声

おすすめ商品

リ・モデルのブログ

お役立ち情報

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

リ・モデルの
お役立ち情報