給湯器の交換は10年が目安です

これから寒くなってきますが、寒い季節の給湯器の故障はなんとも避けたいものです。冷たい水での洗い物は耐え難く、冷えた体を温めるお風呂は毎日欠かせません。
使用頻度にもよりますが、給湯器の点検・交換の目安は10年です。
冬場は給湯配管や給水元栓が凍結し破損することがあります。
故障する前に、給湯器から何らかのサインが出ている場合が多いので、チェックしてみましょう。


□大きな音がしたり、機器がすすで汚れている。排気口の周辺が汚れている場合は不完全燃焼をおこしている場合があります。

□お湯を使うと異音がする。「ボン」という着火音が以前より大きくなったら注意です。

□使用中にガスの臭いがする。

□水漏れしている。

□変形している。

□煙がでる。

□温度調節ができない。

□リモコンにエラーコードが出ている。

などです。
1つでも該当する場合は早めにご相談下さい。

部品交換で済む場合もありますが、10年以上過ぎている場合は交換を考えた方が良いかもしれません。
最新式の給湯器は旧式のものよりも熱効率も上がっている為、光熱費も抑えられます。



故障かな?と思ったら 
まず故障かどうかを確認してみましょう


・電源コンセントが抜けていないか

・給水元栓とガス栓を全開にしてみる

・電源を再起動してもみる

・お湯を使いすぎて安全装置が作動していないか

・電池を使うタイプは電池が切れていないか

・水抜き栓のフィルターにゴミが詰まっていないか

・ガスの問題かどうかを判断するため、ガスコンロが付くかを確認する

・メーターにエラーコードは出ていないか?

・給水管が凍結していないか、凍結している場合は溶かす

上記を確認しても解決しない場合はご相談下さい。

 

施工事例

お客様の声

おすすめ商品

リ・モデルのブログ

お役立ち情報

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

リ・モデルの
お役立ち情報