勘違い!開封後のマヨネーズの保存場所

マヨネーズは卵黄と酢と油と塩と香辛料でできています。市場では常温売り場に置いてありますよね。でも開封後は冷蔵庫に入れるものだと思い込んでいました。
卵が使われているので、日持ちがしないと思いがちですが、未開封のマヨネーズの賞味期限は、メーカーによりますが常温保存で10ヶ月~12ヶ月です。しかも防腐剤を使ってないそうです。
 長期保存が可能な理由は、主成分である油は腐りませんし、酢には殺菌作用があり、塩には殺菌の繁殖を抑える力があるからです。ですから、開封後も実は常温で大丈夫なのです。マヨラーが開封後もかばんに持ち歩いていても問題はないのです。マヨラーは知っていた!ですね。
 ただし、「常温」には定義があり、日本工業規格では15℃~25℃と定めており、厚生労働省では「常温とは、外気温を超えない温度」としています。
 夏は軽く30℃を超える日が続きますので、保存場所には注意が必要です。では、冬はというと、10℃以下の低温で、特に0℃に近い状態になると、マヨネーズは乳化状態を保てず、分離してしまう可能性があるそうです。ですから冷蔵庫へ保存は避けたほうが良いのです。
設定を「強」にしていたり、たくさん食品が入っていて冷気の回りが悪く奥の食品が凍ってしまうような庫内や、冷気の吹き出し口の近くは避けるなど、注意が必要です。なので、夏場で冷蔵庫で保存したい場合は野菜室がおすすめです。

 開封後の賞味期限については、冷蔵庫保存についてはで1ヶ月が目安とされています。これはあくまで賞味期限であって、消費期限ではないので、1ヶ月越えても食べることはできます。マヨネーズの鮮度の敵は酸素に触れることによる酸化です。他の食品とも共通で開封後はお早めに、が原則ですね。
 

施工事例

お客様の声

おすすめ商品

リ・モデルのブログ

お役立ち情報

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

リ・モデルの
お役立ち情報