汚れにくく お掃除簡単!バスの床  TOTO「サザナ」

 
日頃の掃除が欠かせないお風呂の床。毎日のことだからこそ、よりお手入れが簡単で、手間の省ける最新型バスがお役立ちです。


汚れを残さない最新バス
 浴室の汚れの原因は、皮脂汚れや石鹸カス。一度ついてしまうと落としにくいので、汚れを残さないことが大切です。
 最新のシステムバスは、その掃除の手間を解消。汚れがつきにくく、日々のお手入れがラクになるさまざまな工夫がされています。
NiwaNaviImage



汚れにくい床素材
 床の表面処理や素材に注目し、清掃性を高めた商品が各種登場しています。
 例えば、皮脂汚れがつきにくく、汚れが落ちやすくなる処理を施したタイプ。(写真A)また、硬い素材を使い、傷を防いで汚れを入り込ませないタイプや、フッ素などの汚れに強い素材を採用した商品もあります。



スポンジだけでキレイに

NiwaNaviImage
 「床の溝の掃除が面倒で・・・」という方には、溝の浅いタイプがおすすめです。
 溝が浅いと汚れがたまりにくく、普段のお手入れでスポンジが溝の奥にもしっかり届きます(写真B)。溝のゴシゴシ洗いから開放され、毎日の掃除がぐっとラクになります。



翌朝にはサラッと乾く
 水はけが悪く、いつもジメジメしていた従来型のバスの床。それに対し、最近人気の水はけの良い床なら、翌朝にはカラッと乾いて衛生的です。(写真C)
 床の細かな凹凸が、洗い場に残った床うぃ素早く広げる仕組みです。大きな水たまりができないので、乾きやすく、ヌメリやカビの発生も防いでくれます。

NiwaNaviImage



 

施工事例

お客様の声

おすすめ商品

リ・モデルのブログ

お役立ち情報

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

リ・モデルの
お役立ち情報