調理が首・肩・腰にきてませんか?

キッチンの高さを体に合せましょう

最適なワークトップの高さの目安は、身長÷2+5cm

 シンク、調理台、コンロなど、キッチンでは常に下を向く作業が中心で、首や肩廻りに緊張が生まれます。その上、ワークトップの高さが体に合っていないと、疲労がたまり、思わぬ健康被害も起こしがちです。
 一般に、高さの目安は「身長÷2+5cm」といわれます。身長160cmなら「160÷2+5cm」=85cmが目安です。高すぎると腕や肩に無理がかかり、低すぎると猫背になり腰の負担が大きくなります。体にあったワークトップを使いましょう。
 従来のキッチン台は80cmが標準でしたが、日本人の体格も変わりました。今は標準製品でも、80、85、90cmなど高さが選べ、さらに細かく高さ設定した製品もあります。

台所の立ち仕事がつらい・・・

ユニバーサルデザインならつかれません

 
調理台や片付けなど立ち通しの台所仕事は、脚腰が弱い人には大きな負担です。最近は、イスに座ったままでも使い勝手が良い、ユニバーサルデザインのキッチンが多数開発されています。
 キャスター付きで移動がスムーズな専用イスは、体の重心を変えても倒れない安定感があり、使用後は収納スペースにしっかり納まります。ワークトップ下には、膝が入るスペースがあるので、身体が離れず無理なく作業できます。水栓の開閉やコンロ操作は座った状態で楽に手が届く位置にあり、収納部分はキャスター付きのワゴンタイプで、力を入れずにスムースに楽に引き出すことができます。
NiwaNaviImage
 

施工事例

お客様の声

おすすめ商品

リ・モデルのブログ

お役立ち情報

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

リ・モデルの
お役立ち情報